safety

西興の安全衛生への取り組みのご紹介。

2019年8月 安全パトロール実施報告

久留米市旭町解体工事現場

[ 2019年8月 AM9時 ]

今月は3月にもパトロールを行った、久留米市旭町の延床面積18,494㎡の解体工事現場です。SRC造10階、PH2階、煙突などの建屋解体は終了していました。現在は、ガラの搬出・基礎解体工事作業を行なっており、本日は重機7台が稼働し、作業員人数は12名でした。進捗率は70%となっております。

  • 現場概要説明の様子

  • 現場の様子

  • 安全通路の状況

  • 現場(基礎解体工事)の様子 

総括

現場内は重機作業範囲が区切られ、車両・人、それぞれの安全通路がしっかり確保されており、前回同様に4Sが徹底されている様子がうかがえました。現場での指摘では、作業員の方が安全靴を履いていない、作業服の着用が乱れている点などがありました。熱中症も考慮し作業服の変更など改善・改良を行うよう指示。また、今後の足場の撤去時には、吊りワイヤー・足場の踏板など使用前点検を必ず行うよう指示がありました。8月は、現場の作業環境を注視し熱中症対策に細心の注意を払い、作業をおこなって参ります。

安全パトロール実施報告

2019年12月 小野地域交流センター・けやき体育館等解体工事

今月は福岡県八女市星野村の、RC造(2棟)2階建・1800㎡、1階建・800㎡、20mプール解体工事現場です。現在、1階建屋の外壁養生が終わり、アスベスト除去の準備が進められていました。2階建屋では、内部解体作業が行われており廃材の搬出も順調に進んでいます。明日からは、重機によるプール施設の解体も予定しており、進捗率は15%となっております。

2019年11月 太宰府第リサイクル第1・2工場

今月は、自社工場であるリサイクル第1・2工場を巡回しました。

第1工場におきましては、場内整備も良く行き届いており、清潔な職場環境作りが出来ていましたが、使用頻度の少ないガス溶断用の酸素瓶が固定されていないまま、直立保管され、ボンベカバーもついていなかった為、保管方法の修正を指示致しました。

第2工場におきましては、重機稼働範囲にカラーコーンが配置され、周囲の作業員が往来する際は、しっかりと無線による合図がなされ、安全への取り組み意識の向上が見受けられました。

2019年9月 扶桑西新ハイツ解体工事

今月は先月に引き続き、早良区祖原のRC造6階建、延床面積1001.37㎡・SRC造8階建、延床面積610.27㎡の2棟解体工事現場です。現在は、建屋の解体がほぼ完了しており 1階部分の壁倒しと、ガラの搬出作業が行われておりました。進捗率は90%と順調に進んでおります。

2019年8月 福岡市中央区解体工事現場(2現場目)

本日のパトロール2件目は、福岡市中央区のRC造4階建、延床面積約1500㎡の解体工事現場です。本日は、内部解体作業を行なっておりました。搬出作業も順調に進んでいるようで、現場内は整理されており、9月からは重機を搬入し上屋解体を行なっていきます。進捗率は20%となっております。

2019年8月 扶桑西新ハイツ解体工事(1件目)

今月は、市内2ヶ所の解体工事現場にてパトロールを行ないました。1件目は、早良区祖原のRC造6階建、延床面積1,001.37、SRC造8階建、延床面積610.27㎡の、2棟解体工事現場です。本日は、内部解体が終了し屋上解体が行われておりました。明日からは、ガラの搬出も行う予定となっております。進捗率は30%となっております。

2019年8月 久留米市旭町解体工事現場

今月は3月にもパトロールを行った、久留米市旭町の延床面積18,494㎡の解体工事現場です。SRC造10階、PH2階、煙突などの建屋解体は終了していました。現在は、ガラの搬出・基礎解体工事作業を行なっており、本日は重機7台が稼働し、作業員人数は12名でした。進捗率は70%となっております。

一覧はこちら